クリニックについて

理 念
医師として、常に患者さんの立場にたち、分かりやすい説明、適切な治療、そして肉体的にも、経済的にも負担の少ない手術を心掛けてきました。 これからも常に最新の医療を研究し、患者さんの「見える感動」をお手伝いしています、皆様の『かかりつけの眼科医』となれますよう、努力していきます。

医師の紹介

院長 裏川 佳夫
元依田窪総合病院眼科医長
医学博士 眼科専門医
専門
網膜硝子体、白内障、緑内障
略歴
  • 昭和57年 信州大学医学部卒業
  • 信州大学病院勤務
  • 信州大学病院在職中に日本眼科専門医登録
  • 厚生連北信病院 眼科医長
  • 依田窪病院 眼科医長
  • 医学博士号取得
  • 平成8年裏川眼科開業に至る
菊地 雅人
元小牧市民病院眼科医長
医学博士 眼科専門医
専門
網膜硝子体、白内障
略歴
  • 平成10年 名古屋大学卒業
  • 安城厚生病院勤務
  • 名古屋大学勤務
  • 高山久美愛病院勤務
  • 名古屋大学大学院
  • 小牧市民病院眼科医長
  • 安間眼科勤務
  • 年間手術件数 1500件以上
星野 一城
専門
白内障、小児眼科
略歴
  • 平成4年 信州大学医学部卒業
  • 信州大学病院勤務
白井 清彦
元大町総合病院院長補佐 医学博士
麻酔科標榜医 専門医
略歴
  • 信州大学卒業
  • 信州大学病院勤務
  • 香川医科大学勤務
  • 国立東信病院勤務
  • 伊那中央総合病院部長
他、非常勤医師(眼科専門医)

院長ごあいさつ

院長 裏川 佳夫

院長 裏川 佳夫

人間は五感で情報を得て外界を把握します。その中でも、視覚器官である眼からは全体の80〜90%にも上る情報をキャッチしているとされています。

眼は「健康であるかどうか」の境界が非常にあいまいな器官ではありますが、しっかり見える状態であることは非常に重要。そのため当院では一般診療だけでなく、最新の医療を研究しながら最先端の技術を導入し、患者さんの「見える感動」をお手伝いしています。
手術や治療を終えた患者さんから、「こんなに見えるならもっと早く受けていればよかった」と言われるのが大きな励みの一つです。

眼に関する病気やトラブル、お悩みなどは全般的に対応できると自負しております。そして診療に当たるに際しても、患者さんの立場に立って考えて「自分ならどの治療を選択するか」を提案いたします。
難解でなじみの薄い専門用語などについても、ご理解いただけるよう丁寧に説明し、ご納得を得られた上で治療を受けていただきます。

患者さんは皆さん、何かしらの不安を抱えて来院されます。そのため待合室はリラックスできるような雰囲気づくりを心がけ、手術室ではBGMを流しております。
このほか、最先端の治療法に関する解説動画をモニターに流すなどし、患者さんの理解を手助けいたします。

診療・手術実績(年間)

■ 白内障手術約 1,000件
■ 緑内障手術約 30件
■ 網膜硝子体手術約 150件
■ 眼瞼下垂、眼瞼内反症手術約 150件
■ 翼状片手術約 150件
■ 網膜剥離手術約 20件
■ いぼ、ほくろ切除約 50件