本文へスキップ

当院は、高度先進医療実施機関、裏川眼科です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0263-29-1008

〒399-0033 長野県松本市笹賀5516-5

レーザー白内障手術についてabout operation

県内初導入 フェムトセカンドレーザー

当院はフェムトセカンドレーザーを使用したレーザー白内障手術に対応しております。

フェムトセカンドとは、1000兆分の1秒のことで、光でも0.3μmしか進めない非常に短い時間です。フェムトセカンドにまで短縮したレーザーは非常に強いレーザー強度となり、工業用の微細加工などで用いられています。このレーザーを使用することにより、ミクロン単位の精度の手術が可能となります。

角膜の手術では角膜移植やLASIKのフラップ作成などで、従来から使用されていましたが、技術の進歩により、水晶体も切開可能なフェムトセカンドレーザーが登場しました。

フェムトセカンドレーザーの導入は当院が長野県内初となります。
手術は、自由診療となります。民間保険の先進医療特約に入っておられる方は、保険が使える場合があります。費用・適応等については当院スタッフまでお問い合わせください。


レーザー白内障手術 適応・不適応について

白内障手術が難症例と言われている方は、特にこの手術に向いております。
プレミアム眼内レンズ、特に多焦点眼内レンズを使用する場合は可能な限り、レーザー白内障手術をお勧めいたします。

この手術に向いていない症例は、以下の通りです。
・レーザーを照射するためにサクションリングと呼ばれるリングを結膜に取り付ける必要があります。目を大きく開けられない方はリングを取り付けることが出来ないので適しておりません。

・白内障手術前に散瞳といって、点眼薬を使って瞳を大きく広げますが、人によっては点眼をしても瞳が大きく広がりません。散瞳時に瞳が大きく広がらない方はレーザーを正確にあてることが困難になりますので、レーザー白内障手術に適しておりません。

・本来は透明組織である角膜が濁っている(角膜混濁)方も同様の理由で適しておりません。

レーザー白内障手術 特設ページ

裏川眼科裏川眼科

〒399-0033
長野県松本市笹賀5516-5
TEL 0263-29-1008
FAX 0263-29-1009