本文へスキップ

当院は、高度先進医療実施機関、裏川眼科です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0263-29-1008

〒399-0033 長野県松本市笹賀5516-5

診療案内medical info

院長ごあいさつ

院長写真

白内障・緑内障・硝子体手術は、画期的な進歩をしています。

白内障・緑内障・硝子体手術は、この数年でめざましい進歩を遂げています。
当院では、『超音波白内障手術装置』を用い、また最新の術式を取り入れ、2.5ミリ程の切開創から濁った水晶体を吸引することができます。したがって、傷口を縫わなく済みますので術後の安静期間が飛躍的に短縮されるようになりました。
また、麻酔は従来の注射による麻酔ではなく、痛みが無く出血しない点眼麻酔を導入しています。この術式ですと、手術直後から物が見えますので、入院の必要がありません。
『手術時期と年齢について』の質問を受けますが、昔はかすんで見えなくなってから手術していましたが、現在では、職業や生活状態によっても異なりますが、白内障のために生活内容を変えなければ行けないと自覚した時が、手術の時期と考えても良いと思います。見えなくなるのを待つ時代は終わりました。1日も早く手術を受けて、快適な視生活を取り戻してください。
緑内障手術、硝子体手術においても手術がより安全に行えるようになったため、アメリカでは数年前から多くが日帰りで行われています。日本でも、熟練した医師のもとでは入院の必要のない『日帰り手術』が一般的になりました。

私達スタッフは、術後「明るい、見える」と患者様が言われる言葉と、こちらから「よかったですね」といえる喜びを最高の生きがいにしています。

院長 裏川 佳夫
副院長 星野 一城