本文へスキップ

当院は、高度先進医療実施機関、裏川眼科です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0263-29-1008

〒399-0033 長野県松本市笹賀5516-5

白内障手術についてabout cataract

白内障手術のよくある質問

白内障手術は、この数年でめざましい進歩を遂げています。
当院では、『超音波白内障手術装置』を用い、また最新の術式を取り入れ、3ミリ程の切開創から濁った水晶体を吸引することができます。したがって、傷口を縫わなく済みますので術後の安静期間が飛躍的に短縮されるようになりました。
また、麻酔は従来の注射による麻酔ではなく、痛みが無く出血しない点眼麻酔を導入しています。この術式ですと、手術直後から物が見えますので入院の必要がありません。
手術がより安全に行えるようになったため、アメリカでは数年前からほとんど日帰りで行われています。日本でも、熟練した医師のもとでは入院の必要のない『日帰り手術』が一般的になりました。 当院では入院設備も完備しておりますので、入院をご希望の場合はお気軽にご相談下さい。


医師の理念

医師として、常に患者さんの立場にたち、分かりやすい説明、適切な治療、そして肉体的にも、経済的にも負担の少ない手術を心掛けてきました。 これからも常に最新の医療を研究しつつ、皆様の『かかりつけの眼科医』となれますよう、努力していきたいと思います。


白内障手術について

白内障とは、水晶体が濁る病気です。水晶体が濁ると、濁りを通して見ることになりますから、物がかすんで見えるようになります。
白内障手術は、濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入する手術です。当院での手術方法は、超音波乳化吸引術と、眼内レンズ挿入術です。
この方法は、超音波で濁った水晶体の核を細かく砕いて吸引除去し、きれいに洗浄後、眼内レンズを挿入する方法です。
眼内麻酔で行いますので、お身体に負担は少なく短時間で済みます。


当院における年間手術件数

白内障手術 年間約500件
現在、医師4人体制で大学病院にもひけをとらない医療をしております。
また、個人病院ならではのきめ細やかな対応を心がけております。 各医師とも手術件数は、7500件以上の経験があります。